SSまとめM@S!

アイドルマスターSS、アイドルマスター情報をまとめています。
THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB

我那覇響

響「……」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 07:00:56.63 ID:2Vv9xLlzo

ガチャッ

響「……」

響「……」スタスタ

P「えっと、今日のスケジュールはっと…」カタカタ

響「……」

P「ん…うおっ!?ひ、響!?」

響「……」

P「来てたのか…声かけてくれればいいのに」

響「……」

P「?」




続きを読む

P「頼む!! 響!! 匿ってくれ!!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 17:23:21.69 ID:XJYWtoev0

響「んあ? 何だ? イキナリ……」

P「いいから!! 時は一刻を争うんだ!! 早く!! 早く髪を解いて!!」


響「……何言ってるんだ? へんた P「良いから早くっ!!」


響「わ、解ったぞ……どうしたんだ? 急に……」シュル

P「早くっ!! 早くっっ!!!!」

響「解った!! 解ったから!! …………こ、これで良いのか?」パサッ

P「後ろ向いて!!」


響「ね、ねぇプロデューサー? コレ何な P「良いから早くっっ!!!!」


響「うぅ~~……」クルッ

P「失礼します!!」ズボッ

響「ギャッ!!!! ちょ!! ぷ、プロデューサー!!??」



続きを読む

響「貴音から嫌なにおいがする」 貴音「!!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/17(月) 20:35:17.28 ID:89djPh4/0

-765プロ-

貴音「ひ、響....今、なんと?」

響 「......貴音から」

響 「貴音から嫌なにおいがするって言ったたんだぞ!」

貴音「っ!!!」

貴音「き、聞き間違いではなかったのですね...」ガーン



続きを読む

美希「神さま、お願いします」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 19:46:33.44 ID:oqu5aW2f0

美希「あふぅ……」

貴音「どうしたのです、美希。今日はあまり練習に身が入ってないように見えましたよ」

響「フェアリーのアリーナツアーが来月に迫ってるんだぞ。もっと気を引き締めてレッスンに励まないと」

美希「だって、ハニーがいないんだもん……」

響「それは仕方ないぞ。プロデューサー、新しいアイドルたちのプロデュースも任されて大変そうだし」

貴音「プロデューサーは竜宮小町以外の全てのあいどるを任されている身ですから、わたくしたちだけに多く時間を割くことは適わないでしょう」

美希「もう! 社長はアイドルじゃなくてプロデューサーを増やすべきなの!」



続きを読む

千早「今日は雪がすごいわね。雪歩……ぷふっ」 雪歩「えー……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/08(土) 20:24:38.91 ID:QOX9Bggp0

千早「ゆ、雪がすごい……雪歩……ぷくくっ」

雪歩「いや流石にちょっと沸点低すぎなんじゃないかな……」

千早「ご、ごめんなさい。ちょっとおかしくって」

雪歩「今の状況でおかしなことなど何一つとして無いよぉ……」



続きを読む

貴音「妖精の居場所」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/21(火) 23:58:21.47 ID:/Y+Xe5oT0

自分の居場所というものは、砂上の楼閣のようなものです。
確固たる地位などは存在しません。

自分の居場所が不動のものとなったと慢心した時に、それは少しずつ崩れていくのですから。

トップアイドルまで、あと一歩。

そこでわたくしは、慢心したのでしょう。



続きを読む

美希「961プロの日常」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/20(月) 00:36:43.99 ID:eq4+AeH10

第一話

美希「差別だと思うの」

黒井「唐突に何だ?」

美希「オーバーマスターの歌詞、知ってる?」

黒井「もちろんだとも、自分のところの曲だからな。いつでも宣伝できるようにCDだって5枚は常備しているぞ」

美希「じゃあ歌詞カードを見てほしいの。サビの前あたり」

黒井「どれどれ・・・」


続きを読む

響「おーい、プロデューサー」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/16(月) 22:59:13.77 ID:5DXZQMAUo

ガチャッ


響「ただいまだぞ!」

美希「ただいまなのー!」

貴音「ただいま戻りました」


シーン


美希「あれー?真っ暗だ」

貴音「はて、誰もいないのでしょうか」

響「……クンクン」

貴音「響?」

響「いるぞ……」

美希「だれが?」

響「プロデューサーのにおいがするさー」

貴音「面妖な…」

美希「まるで、犬なの…」


続きを読む

千早「孤高の休日」

1 : ◆/qOAOBHfFg 2013/07/23(火) 19:49:42.33 ID:Uxdiswtxo

七月の眩しき朝の陽光が とばりの襞をかき分け

少女のしなやか肢体に 生命の詩をもたらす

幸福な夢を編んだ 浅きまどろみを妨げられ

彼女は不機嫌そうに 寝返りをうった


さあ、おきろ もはや眠ってはならない


我々は待っていたのだ 

煩わしき静寂にまみれた夜を越え

おまえが声高らかに歌うのを


さあ、おきろ もはや眠ってはならない


少女の名は 如月千早

人々は彼女を呼ぶ ―― 孤高の歌姫 ―― と





続きを読む

響「二人の距離」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 20:53:40.94 ID:1fj9Ocra0

【注意書き】

貴音「『かなさんど』が欲しいのです」

の続きとなります

続きを読む
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ