1 : ◆Yhyk1z6v2k 2014/05/03(土) 12:06:37.73 ID:n5cgtEzB0

伊織「どうしてわかってくれないのよ!」

P「何を言っているんだ?」

伊織「もういい! アンタなんか顔も見たくないわ!」

P「待て! 伊織!」がしっ

伊織「触らないで!」バッ

スカッ

伊織「……え?」

伊織「ちょっと、どこいったのよ! プロデューサー!」

伊織「嘘……でしょう……?」

伊織「そん……な……私が顔も見たくないって言ったから……?」

伊織「……何処に……居たの……?」

伊織「プロデューサー……!」



3 : ◆Yhyk1z6v2k 2014/05/03(土) 12:10:33.35 ID:n5cgtEzB0

(・8・)ちゅんちゅん

(・8・)こっちは命がけで鳴いてんだ

(・8・)遊びでやってんじゃないよー!

(・8・)それでは皆さん。ご一緒に

(・8・)ちゅんちゅん


伊織「プロデューサー……!」

伊織「……夢?」

伊織「車の準備して!」



4 : ◆Yhyk1z6v2k 2014/05/03(土) 12:11:21.69 ID:n5cgtEzB0

小鳥「おはようございます」

P「音無さん。おはようございます」

小鳥「……事務所に泊まったりしてませんよね?」

P「……してませんことよ?」めそらし

小鳥「……」

P「してる本人がしてないって言ってるんだから、してないで良いじゃないですか!」

小鳥「斬新な逆ギレ!?」

P「心配かけて悪いとは思っているんですけど……」

小鳥「だったら、自重して下さい! ……倒れてからじゃあ、遅いんですよ?」

P「……はい」

バタン!



5 : ◆Yhyk1z6v2k 2014/05/03(土) 12:13:08.84 ID:n5cgtEzB0

小鳥「伊織ちゃん?」

伊織「……!」

P「伊織にして珍しいな。勘弁してくれよ? この前ドアを修理(プロデュース)したばかりなんだーー」

伊織「……」だきっ

P「……お?」

小鳥「い、伊織ちゃん!?」パシャ

伊織「……」ぎゅうっ

P「い、伊織? どうしたんだ?」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/03(土) 12:26:33.44 ID:gh+amUyWo
なに写真撮ってんだピヨスケぇ!

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/03(土) 12:44:01.92 ID:Om4RsOHjO
修理(プロデュース)って何なんだ

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/03(土) 12:49:09.86 ID:KT7u7vowo
おい鳥、その写真をどうするつもりだ
ぜひ、売ってください



10 : ◆Yhyk1z6v2k 2014/05/03(土) 13:06:34.56 ID:QzARgVgp0

P「765プロのPです。先日はありがとうございました……先日に話した件ですがーー」

伊織「……」

P「え? はっははは……いやだなぁ……そんなんじゃあないっすよ」

伊織「……」

小鳥(よく仕事が出来ますね……私なんか、伊織ちゃんから目が離せなくてーー)

律子(いや、して下さいよ)

美希「デコちゃん! プロデューサーから離れるの!」

伊織「……嫌よ」ぎゅっ

春香「まぁまぁ……美希、落ちついて? 伊織もプロデューサーさんに迷惑だから、ね?」

伊織「……」

真美「とうとう、いおりんも兄ちゃんに惚れたかー」

亜美「ま、前からに決まってるじゃない!」こえまね

伊織「……」

真美&亜美「ツッコミ無し、だと……?」



12 : ◆Yhyk1z6v2k 2014/05/03(土) 13:24:41.66 ID:/xNVimmY0

律子「……今日。竜宮小町の収録があるんですけどーー」じろっ

伊織「!」びくっ

律子「……後の子達は私が見ますので、プロデューサーは竜宮小町を見てもらえますか?」

P「……良いのか?」

律子「お互いにいい勉強になると思いますよ?」

小鳥「ちょっと無理があるんじゃ……」

律子「……」ギロッ

小鳥「イエス、マム! 留守は任せて下さい!」

P「それもそうだな……竜宮小町は前から、気になってたし」

亜美「やったー! やったね、あずさお姉ちゃん!」

あずさ「え? あ、あら……そうねぇ……うふふ」

美希&真美「異議あり!」

律子「異議は認めません! プロデューサーほど甘くありませんからね。ビシバシ行くわよ?」

春香「のヮの」



13 : ◆Yhyk1z6v2k 2014/05/03(土) 13:26:16.49 ID:/xNVimmY0

美希「デコちゃん」

伊織「……悪かったわね」

美希「……仕方ないから今日だけ貸したげるの」

伊織「美希……」

美希「それだけ!」

伊織「えらく元気ね……」

美希「律子……」

美希「……」

美希「……」

美希「……」

美希「……」なの!

美希「……さんが驚くぐらいにレッスン頑張ったら、イチゴババロアを好きなだけ食べさせてくれるの!」

伊織「そう……にひひっ♪ 財布をすっからかんにしてやりなさい!」

美希「うん!」



14 :◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 13:45:38.61 ID:lq33CTfh0

P「よし、準備は出来たか?」

亜美「あずさお姉ちゃんは確保済みであります!」てつなぎ

P「御苦労」

あずさ「あらあら……ちょっと、手が痛いわ? 亜美ちゃん」

P&亜美「これでも足りないぐらいですよ(真顔)」

あずさ「」がーん

伊織「……そろそろ出ないと間に合わないんじゃない?」

P「よし……全速!」

あずさ「前進!」

亜美「DA!」

伊織「何なのよ。この連携……」



16 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 13:53:48.74 ID:Q0sIdd+e0

スタッフ「竜宮小町さん。よろしくお願いします……あれ?」

P「秋月に代わりまして、Pです。よろしくお願いします」

スタッフ「は、はぁ……ん?」

伊織「……」ぎゅっ

スタッフ「把握。問題ありませんね」

P「!?」

スタッフ「すぐに収録に取り掛かりますので、よろしくお願いします」



18 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 13:59:46.34 ID:ysIDSOZy0

P「……あの、な? 収録だから……」

伊織「……わかっているわよ」

P「そ、そうか……」

伊織「勝手に何処か行ったら、承知しないんだから……」

P「行かないって……信用ないのな」

伊織「そこで見てなさい。スーパーアイドル水瀬伊織ちゃんの姿をね!」

あずさ「あの……私たちも居るんですけど……」

亜美「えこひいきだー!」

P「……二人も頑張って来い」

あずさ&亜美「「はい!」」



19 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 14:13:46.55 ID:f63PgADm0

悪徳「なんか金になるネタはねぇかな……」

伊織「……」ぎゅっ

悪徳「ん、あれは竜宮小町……っと、眼鏡のプロデューサーじゃねぇな?」

悪徳「あんなにくっ付きやがって……勘違いして下さいてか?」

伊織「……」ぎゅっ

悪徳「チッ……カメラのレンズが曇ってやがる。またの機会だな」

P「……ん?」

亜美「どったの?」

P「いや、何でもない……」

あずさ「?」



20 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 14:34:36.23 ID:wT57z8zD0

P「戻りましたー」

竜宮小町「ただいま、戻りましたー!」

律子「」

亜美「律っちゃん、真っ白に燃え尽きているよ?」

P「どうしたんだ?」

律子「……本当に財布の中を空にされるとは思いませんでしたよ」

P「どうだった?」

律子「どうも何も……私が知っているあの子達と全然、違うじゃないですか!」

P「そうか? そう言って貰えると嬉しいよ」

律子「私も燃えて来ました! 明日から、更にハードルを上げるわよ!」

竜宮小町「」

小鳥「南無」



21 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 21:19:51.40 ID:xL74wHLk0

P「……」

伊織「……」

P「……」

伊織「……」

P「……何があったんだ?」

伊織「……何でもないわ」

P「……そんなわけ、ないだろ?」

伊織「……夢を見たの」

P「……夢?」

伊織「アンタが居なくなる夢……ただの夢なのはわかっている……だけど」

P「不安か?」

伊織「……最近、話すどころか会うことも少なくなって来たわ」

P「お互い忙しいからな、良い事だ」



22 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 21:20:37.07 ID:xL74wHLk0

伊織「……私が竜宮小町に入るよりずっと前にした約束を覚えてるかしら?」

P「……お前を一人にしない。だったな」

伊織「守れてないじゃない!」

P「……」

伊織「確かに……律子や亜美、あずさだって居るわ! 楽しいし、充実だってしてる!」

伊織「でも……あんたは居ないじゃない!」

伊織「馬鹿げてる話なのはわかるわ! でも……ある日、急にあんたが居なくならないっていう保証も無いじゃない!」

P「伊織。聞いてくれ」

伊織「……」

P「俺は伊織に黙って消えるような事はしない、それは誓える」



23 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 21:28:27.87 ID:iLuGEKSY0

伊織「だったら……これからは側に居なさいよ……」

P「それは無理だ」

伊織「!?」

P「伊織のユニットのプロデューサーは律子だ。そして俺らには……」

伊織「そんなの聞きたくない!」

伊織「どうしてわかってくれないのよ!」

P「伊織!」

伊織「もういい! アンタの顔なんて……アンタなんか……!」

伊織「……言えるわけない……じゃない……言ったら……」

P「……伊織が落ち着くまで側にいるよ。良いよな?」

伊織「……勝手に……しなさいよ……」



24 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 21:29:48.75 ID:iLuGEKSY0

事務所の外

小鳥「……」REC



25 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 21:47:09.23 ID:Yi02fS0z0

伊織「……少し落ち着いたわ……みっともない姿を見せたわね」

P「……まあな」

伊織「否定しなさいよ! ……にひひ♪」

P「今度はそうする」

伊織「今度なんて無いわよ! ……ただの夢に振り回された私が馬鹿みたい」

P「……まあ、お前らしくはなかったな」

伊織「ストレスでも溜まってたのかしら?」

P「……そうかもな」

伊織「……もし黙って消えたりなんかしたら」

P「ん?」

伊織「私の持てる力を全て使い果たしてでもアンタを見つけて、捕まえて見せるわ」

P「……怖いな」

伊織「アンタが約束を守れば良いのよ……っと、少し電話するわね」

P「ん? ああ」



26 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 21:48:14.67 ID:Yi02fS0z0

伊織「事務所まで迎えに来てくれる? それとお客様のお出迎えの準備も……ええ、そのままお泊りして頂くわ」

P「……?」

伊織「ええ……ありがとう」ピッ

P「何だ。今日はお客さんでも来るのか?」

伊織「そうよ。大切な大切なお客様よ」

P「なら失礼のないようにしないとな……」

伊織「大丈夫よ。ちょっとぐらいじゃ、怒らない人だから」

P「お、良い人そうだな……」

伊織「悪い時は叱ってくれて、悲しい時は側に居てくれる人よ」

P「へぇ……」



28 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 22:38:23.27 ID:r/oKR9Qe0

「お迎えに上がりました」

伊織「ご苦労様。この人よ」

P「……ん?」

黒服「此方へ」

P「ちょっ……何をするんですか!」

伊織「最近、事務所に泊まり込んでるんですって? 悪いけれど、今日は私と一緒に帰って貰うわ」

P「この人、俺をリュックサックみたいに背負ってるんだけど!?」

伊織「問題ないわね」

小鳥「ハイ、アリマセン」

伊織「にひひっ♪ 行くわよ」

黒服「はっ」

P「ま、まだ俺には仕事が、仕事が残ってるんだぁー!」

伊織「……構わないわ」

黒服「はっ」

小鳥「まあ、いい機会じゃないかしら……こうでもしないと働き続けるだろうし」

小鳥「私も帰ろうっと♪」ピヨピヨ♪



29 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 22:47:16.82 ID:Az93Ee/C0

その日の夜、アイドル達はとある夢を見た。


P「……すまない。春香の気持ちには答えられない」

春香「待って下さい! プロデューサーさん!」

P「千早! 危ない!」

キキードン!

千早「プロデューサー……? いやあぁぁぁぁ!」

P「夢の中とはいえ俺よりおにぎりを選ぶなんて……幻滅しました……」

美希「待って! おにぎりは我慢するから……プロデューサー!」

P「姫! お逃げ下さい!」

バーン!

真「プロデューサー!」



30 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 22:55:56.06 ID:3oikh1O50

P「ぐあああああ……!?」

雪歩「プロデューサー! わ、私が穴を掘ったばかりに……!」

P「……」

やよい「お昼寝ですか? こんなところで寝てたら風邪引いちゃいますよ……プロデューサー……起きて、はいたっち……しましょう……よ……!」

P「いつから俺が犯人だと……? まあ、良い」とびおりーの

真美「兄ちゃーん!」

P「……ウルトラ星に帰る」

亜美「兄ちゃーん!」



31 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 23:04:35.10 ID:n5cgtEzB0

P「面妖過ぎるわ。付き合ってられん」

貴音「貴方様!?」

P「響。俺が戦争から帰って来たら、結婚してくれ」

響「う……うん……! じ、自分……待ってるから……ずっと……待ってるからね……!」

P「あずささんと俺は実の兄妹なんです!」

あずさ「そ、そんな……!」

P「実の兄妹が結ばれる訳が無い……さようなら」

あずさ「プロデューサーさん! それでも……私は……!」

P「」

律子「……過労死だなんて……私が早く気づいていたら……!」

そして夜が明ける。


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/03(土) 23:05:01.84 ID:GwQz5bup0
亜美真美が微笑ましい


33 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 23:11:45.04 ID:A9gixupG0

春香「……」

千早「……」

美希「……」

真「……」

雪歩「……」

やよい「……」

真美「……」

亜美「……」

貴音「……」

響「……」

あずさ「……」

律子「……」



35 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 23:15:14.35 ID:dnuB/EBk0

P「……何なんだ、これ?」

小鳥「さ、さあ……?」

伊織「……にひひっ♪」

伊織「……」ピタッ

P「おい、こら……伊織!」

小鳥「……離れませんね」

P「……」

P「みんなが離れない」



おわり



36 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/03(土) 23:19:07.96 ID:irlX9YUx0
いおりん、少し早いけど誕生日おめでとう!

43 : ◆.zSNE7jCxY 2014/05/04(日) 10:03:50.42 ID:39GRxcSJ0
以来出して来ました。読んで下さった方々、ありがとうございま



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/03(土) 23:41:35.04 ID:GFpnHJVYo
全員がくっついてるのかww


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 14:45:44.10 ID:RKYCwx8DO
春香=Pから振られる

千早=弟だけなくPも…

美希=おにぎり>P

真=ドラマ風でP死亡

雪歩=Pが穴を落として死亡

やよい=P、最初から死亡

真美=P自殺?

亜美=P(ウルトラ)星帰った

貴音=P、見捨てられる

響=Pの死のフラグ…帰ってきたか、不明

あずさ=Pは…あずさと兄妹だった。だから結婚出来ない

律子=P、過労死

伊織=ツンデレのツンで、P二度会えない

ピヨ=…無い


真と亜美以外はありそう…

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/04(日) 14:48:41.44 ID:tGRvqQk3o
ピヨとはフラグさえないってことかよ!
あるある

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/05(月) 00:46:26.51 ID:mqDzhZs50
あみまみが子供らしくて可愛いww