1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 19:26:04.35 ID:r1/IG7BUo

春香「どうも、天海春香です!」

春香「お久しぶりです、プロデューサーさん」

春香「えへへっもう逃げることはできませんよ?」

春香「どうしてここに居るのかって?」

春香「それはプロデューサーさんが選んでくれたからじゃないですか」

春香「覚えてないとは言わせません」

春香「え?」

春香「そうですよ。あの時プロデューサーさんが選んでくれたからですよ」

春香「よかった、覚えていてくれたんですね」



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 19:29:30.58 ID:r1/IG7BUo

春香「電車の中での運命的な出会いでしたよね」

春香「え? 違う? なにが違うんですか?」

春香「やよいが良かった?」

春香「きゃーっ! ロリコンですよー!」

春香「違うって何が違うんですか?」

春香「どう考えても年齢差が……そうじゃない?」

春香「最初はそうだけど、私でよかった?」

春香「もー何言ってるんですか~」

春香「って、最初は結局ロリコンじゃないですか!」



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 19:38:28.64 ID:r1/IG7BUo

春香「私ともそう大差ない?」

春香「高校生と中学生じゃ大差ですよ、大差!」

春香「でも、ロリコンじゃなかったらどうしてました?」

春香「月?」

春香「あずささん? やっぱりそうですよねー」

春香「貴音さんも捨てがたい?」

春香「律子さんも?」

春香「……どこで選んでます?」

春香「年齢? 本当は?」

春香「胸! 今胸って言いましたね!? プロデューサーさんのエッチ!」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 19:47:57.55 ID:r1/IG7BUo

春香「胸で思い出しましたよ……」

春香「何を? って、忘れたとは言わせませんよ!?」

春香「乙女の柔肌をツンツン、ツンツンって!」

春香「柔らかくなかった?」

春香「ほう?」

春香「じゃぁ触ってみます? 良いですよ」

春香「――んっ」ピクッ

春香「……えへへっ、ツンツンじゃないじゃないですか」

春香「やっぱりプロデューサーさんはエッチですね」

春香「違う? え? 変態?」

春香「それ、訂正する必要ありました?」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:16:38.31 ID:r1/IG7BUo

春香「そういえば、いろんな場所に行きましたよね」

春香「当たり前じゃないですか。全部覚えてますよ」

春香「いつでもどこでも一緒でしたよね」

春香「あははっちょっと誇張しました」

春香「ちゃんと覚えていて貰えるって幸せですよね」

春香「……行くといえば、ローマに行きたかったです」

春香「そう、それですよそれ。ローマの休日!」

春香「平成生まれですけど?」

春香「古き良き風習というものもあるんですー」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:21:16.36 ID:r1/IG7BUo

春香「え?」

春香「ありましたね、そんなこと」

春香「いつまでたっても来てくれなくて」

春香「私、泣きそうでしたよ」

春香「ぇ……な、何言ってるんですか! 泣いてませんでしたよ!」

春香「そ、そもそもですね!」

春香「忘れるっていうことがどれだけ罪深いかをですね――」


…………………
…………
……


春香「まぁいいです」

春香「最後には思い出して、ちゃんと来てくれたんですからね」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:26:14.20 ID:r1/IG7BUo

春香「覚えてますか?」

春香「へぇ? 何を覚えてるんです?」

春香「83、55、80? 83、56、82?」

春香「なんですかそれ」

春香「え? 上から下――って、ちょ、ちょっと!」

春香「それを覚えてるかどうかじゃありませんってば!」

春香「エッチ! 変態! ロリコン!」

春香「……? な、なんで嬉しそうなんですか!?」

春香「変態だから?」

春香「ふ、ふざけないでくださいよ、もぉっ!」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:31:01.48 ID:r1/IG7BUo

春香「美希のことですよ、美希が、その移籍した事です」

春香「覚えてますか?」

春香「あ、そうでしたね、会った時にはもう……」

春香「あれは酷い事件でした」

春香「でも、最後には丸く収まってなによりでした」

春香「けど……」

春香「い、いえ! なんでもないですよ」

春香「笑いませんか?」

春香「……約束ですよ?」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:36:07.81 ID:r1/IG7BUo

春香「実は、ちょっと怖かったんです」

春香「プロデューサーさんが美希に取られちゃうんじゃないかって」

春香「プロデュース?」

春香「いやいや、プロデュースっていう建前での胸ツンツンが貴方の罪なんですけど?」

春香「してないんですか?」

春香「いうのもアレですけど、美希の方が私より魅力的じゃないですか?」

春香「胸など飾り?」

春香「千早ちゃんに言って上げれば良かったのに」

春香「あははっ。今のは聞かなかったことにして下さい」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:38:33.61 ID:ejRd0M360
はるるん怖いよ~


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:41:57.38 ID:r1/IG7BUo

春香「でも、どうして私を選んでくれたんですか?」

春香「だって、別の人を選ぶ機会があったじゃないですか」

春香「他のプロデューサーに私を任せることは考えなかったんですか?」

春香「考えなかった? 育てたのは俺だって?」

春香「私を育てたのは両親です! 貴方じゃありませんっ!」

春香「……まぁ、アイドルとしては、そうですけど?」

春香「えへへ、嬉しかったですよ」

春香「……だからこそ、寂しくもありました」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 20:51:34.25 ID:r1/IG7BUo

春香「……急にごめんなさい。でも、本当に寂しかったんです」

春香「途中からプロデューサーさんが会いに来てくれなくなって」

春香「私一人だけが、周りから取り残された」

春香「……ランクSのアイドルという肩書きなんて、要らなかったんです」

春香「確かに、目指してましたよ?」

春香「でも、目指すことと叶えることは別ですよ」

春香「私はただ……」

春香「え? そこは聞いちゃいけないですよ……気になっても」

春香「えへへっ、面倒くさい女の子でごめんなさい」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:00:54.57 ID:r1/IG7BUo

春香「え? 手がかかるから面倒?」

春香「そんな馬鹿にしなくても――はい?」

春香「手がかかるから心配になった?」

春香「………………そうですか。えへへっ」

春香「ん?」

春香「今何か言いませんでした? 具体的に言うと、ちで始まっていで終わる4文字の」

春香「――ふんっ、どーせ私はちょろいですよーだ!」

春香「ちょろすぎるから、いつまでもいつまでも、馬鹿みたいに待てちゃったんですー」フイッ

春香「え、あのちょっとお洒落なレストラン。ご馳走してくれるんですか!?」

春香「……くっ、思い出で釣るとは卑怯ですよ!」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:08:57.54 ID:r1/IG7BUo

春香「私、最初は歌下手でしたよね」

春香「普通認めます? そこはお世辞を使うべきですよ」

春香「た、確かに、私達の間でお世辞とか無意味ですけど」

春香「でも、みんながボーカルレッスンを手伝ってくれたおかげで上手くなれましたよね」

春香「……みんな。ですか?」

春香「今も元気でやってる……のかな」

春香「さぁ? 案外、私達と同じ道を辿っているかもしれませんよ?」

春香「そっちは考えたくありません……忘れ去られたなんて」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:12:10.06 ID:KuNEptdho
はるるんは一途でかわいいな


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:19:09.23 ID:r1/IG7BUo

春香「時代の流れは残酷ですからね」

春香「……プロデューサーさんなんて、戻ってきたとき社長みたいでしたよ」

春香「いや、黒さではなくてですね……」

春香「……あはは。確かに。戻ってきてくれた時にはもう、私達は過去の人でしたね」

春香「歌、ですか?」

春香「それが流れなかったら忘れてたってことじゃ……」

春香「そうですね、流れたからここに居るんですよね」

春香「じゃぁ、私も流れなかった場合の世界は考えません」

春香「……そういえば、戻ってきてすぐ胸ツンツ」

春香「聞か猿の真似だけは相変わらず上手ですね! この変態!」

春香「なに赤くなってるんですか? えぇー……罵倒されて喜ばないでくださいよぉ」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:29:22.91 ID:r1/IG7BUo

春香「再会してからはあまり出かけませんでしたよね」

春香「あの時はぎっくり腰がどうとか言ってましたけど、それってどのくらい……」

春香「ひぇぇぇ……歳は取りたくないなぁ」

春香「あははっ、そうでしたね。永遠の10代ですよね。私」

春香「え? これからはおばさんになっちゃうんですか……?」

春香「いや、嫌なのか? って……そんなわけないじゃないですか」

春香「はい、そーなんですよ」

春香「……あの、プロデューサーさん」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:34:34.35 ID:r1/IG7BUo

春香「ここに来て、私とエンカウントしたときどう思いました?」

春香「や、やっぱり出たかって思った!?」

春香「スライムのようにうじゃうじゃといるとさえ思ってた!?」

春香「笑って許されるとでも? 」

春香「春香さんのメガトンパーンチ!」ドガッ

春香「痛いって……痛くしましたし?」

春香「え?」

春香「に、2回も言わないでください……ぇへへ」

春香「私ですか? 私も嬉しかったですよ」



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:43:13.43 ID:r1/IG7BUo

春香「嘘なんてついてません」

春香「本当に、逢えて嬉しかったです」

春香「あの日桜が散るのを一緒に見てからずっと……待ってました」

春香「いつかな、いつかなぁって」

春香「ずっと、ずっとずーっと……待ってました」

春香「それは私が悪いんです。謝らないでください」

春香「あれからも、私のことは覚えててくれたんですね」

春香「当たり前……ですか……えへへっ」

春香「照れてますよ。悪いですか?」

春香「か、可愛いって……も、もうっ!」

春香「お、怒ってません! もう1回って言おうとしたんです――って、あははっ」

春香「まさかプロデューサーさんに一手取られちゃうとは」

春香「それで? じゃなくて、もう1回可愛いって言って下さいよ……言わせたんだから」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:52:19.86 ID:r1/IG7BUo

春香「そ、そんなに何回も言わないで良いです!」

春香「今度は……抱きしめて下さい」

春香「良いじゃないですか、素直になっても」

春香「温かいですか? え、柔らかい?」

春香「そりゃ、今まではこんなこと出来ませんでしたし」

春香「ようやく、ここまで来たんですね」

春香「はい、長かったです」

春香「プロデューサーさん、お疲れ様でした」

春香「いえいえ、私は全然疲れませんでしたよ」

春香「若さとか関係ありませんし。ただ、貴方と居れたからですよ」



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 22:00:20.90 ID:r1/IG7BUo

春香「恥ずかしいことでもなんでも言ってやりますよ」

春香「今では貴方も同じ世界の人なんですから」

春香「……えへへっ所々貴方って言うのバレてました?」

春香「そういえば、こんなに長い間一緒にいたのに知らないんですよね」

春香「名前ですよ。な、ま、え」

春香「教えてくれませんか?」

春香「これからはもう、そっちで呼ぶのが相応しいじゃないですか」

春香「いやいや、貴方が良いから。私はずっと待ってたんです」

春香「えへへっ、良い名前ですね」

春香「それじゃぁ これからも、よろしくお願いします!」

春香「えへへ、私は今までも、これからもずっとずーっと!」

春香「貴方のことが大好きですよ!」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 22:03:36.60 ID:r1/IG7BUo
終わり

2人の設定は特に明記なしでも平気かな



ただただ、はるるんが大好きです





20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 21:45:33.39 ID:zdEiRSmDO
デデーン!▽天海春香が現れた!

どうする?
こうげき
じゅもん
どうぐ
にげる
的なアイマスのDQぽいRPG的なのを想像してました、はい

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 22:01:12.34 ID:h/pNxX3yo
>>20
知らなかったんですか? 春閣下からは逃げられませんよ



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 22:11:16.86 ID:lYPjuCAdo

こういう視点の話はあまり見ないけど面白かった
二人の設定は逆にいつ頃どうなってるのか判らないからこそ
この話は価値というか面白さがあると思う

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 22:12:09.89 ID:yu3Gt73Ko
流石春香スキーさん
スレタイから連想出来る話じゃないな

春香はゲーム機かUMDが壊れて終わり
Pは普通に時間の流れによって終わったのかな?

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 22:19:33.32 ID:AiratoXAO

実に良い

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 22:40:45.08 ID:PBVDULAMo
久しく春香に優しいSSだった

春香一途で可愛いな
今回は春香愛に溢れてると認めよう

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/13(水) 23:15:25.30 ID:Mtceni0zo
>>10のせいで途中から怖さでしかなくなったww
普通の可愛い春香SSとして改めて読み直す乙!

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/14(木) 03:22:10.08 ID:M3szJqDc0
さすがにひたすら1人で語っているのはちょっと怖い

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/14(木) 05:43:24.00 ID:cfkOHjC5o
乙乙!
これが怖いって感じる人もいるんだな
かなり良い話なのにもったいない

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/14(木) 09:20:52.96 ID:rfqfdDwso
春香のSSはもっと増えるべき

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/14(木) 13:02:42.50 ID:YhIZb0jq0
実に怖いスレであった